能勢三番叟

能勢淨るり月間ONLINE〜人形浄瑠璃野外公演〜

鹿角座の過去の野外公演記録映像から計5演目をYouTube配信! → 演目・スケジュール一覧


オリジナル演目/2010年9月「浄瑠璃の里 能勢浄瑠璃公演」/原林神社(能勢町田尻)

作:平尾悦子 補綴:権藤芳一 作曲:鶴澤清介

三番叟』とは、土地の豊かさと発展を願って歌い、舞う芸能の一つです。

1998年の人形デビューとともにできた能勢オリジナル演目で、歌詞には能勢の祭りや行事、地名などが織り込まれています。

【床 本】

その昔 土師連(はじのむらじ)の名にしおう

能勢の郡里の朝ぼらけ 

歌垣山の誘い歌 りんと立ちたるササユリの 

甘きかおりぞ咲き匂う 

立ちのぼる炭焼く煙 夕まぐれ 

歳(よわい)重ねた大けやき 

能勢の三白三黒も腹八分目とほろ酔いかげん 

五穀豊饒おつな味 

人もけしきも歴史もおいし オーイふるさと 祝い酒 

 

いのこ いせこ あたご 苗霊(なえび)にみやび

力持ち 知恵もち 技持ち きりょう良し 

東郷 歌垣 田尻 天王 栄え栄えよ岐尼 久佐々 

仲間まってる オーイふるさと のせ三番 

 

みこし だんじり 浄るり音頭 

よら舞え そら舞え どんと舞え 

みんな舞ってる オーイふるさと のせ三番 

よろこびありあ よろこびありあと 舞い納む