2020年能勢淨るり月間 ONLINE


過去の能勢人形浄瑠璃鹿角座公演演目を一挙公開中! → 公開演目・スケジュール一覧

傾城阿波の鳴門−巡礼歌の段

古典演目/2015年6月能勢淨るり月間「能勢人形浄瑠璃鹿角座公演」より

作:近松半二、竹本三郎兵衛、八民平七らの合作

十段物の浄瑠璃で、近松門左衛門の「夕霧阿波の鳴渡」の夕霧大夫と藤屋伊左衛門を題材にした夕霧狂言に、阿波徳島玉木家のお家騒動をからませてあり、八段目にあたります。

あらすじ

 大坂の玉造、盗賊、銀十郎と名乗る十郎兵衛の家。留守を預かるお弓のもとに、巡礼の少女がやって来ます。話を聞くうち、少女は故郷に残してきた実の娘のおつるとわかりますが、今は盗賊の身のため親子と名乗ることができません。お弓はおつるに難儀がかかっては、と一旦は帰しますが、二度と会えないかもしれないと思い直し娘の後を追いかけます……。